2018年4月12日

よろしく!

今日からいよいよ全学年揃っての保育。

年少さんの頃、
あんなに泣いていた年長さんが

新たな年少さんのお世話をしている。声をかけている。


「年少さんは何で泣いてるんだろう?」

と、問いかけると

「ママと一緒に居たいんじゃない?」

「年長さんや年中さんが楽しそうな姿を見せてくれたら、きっと年少さんも安心してくれるね。」

って言うと、ニコッと笑って

「うん!」

「よろしくね!」

と言うと、

「うん!」

大きくなってます。

新入園児の子ども達、

始めの30分くらいはやっぱり切替がまだ難しいです。

そりゃそうです。

でも、日中は泣いてる子は居ません。
本当です。

ジャンプしてる姿を見て欲しくて先生に声をかけてる子。

おもちゃの車に石を積んで見せてくれる子。

片付けを最後までやる子。

既に沢山の姿を見せてくれています。

足立みどり幼稚園。
今年もかわいい子ども達に恵まれております。

IMG_2677

2018年4月6日

ご入園おめでとうございます

ご挨拶でも申し上げました。

期待と不安。

きっと混在していることと思います。

子ども達の成長は期待しているよりも

ゆっくりかもしれません。

でも大人が不安に思っている程でもないかもしれません。

 

子ども達は自ら成長する力を持っています。

だから我々大人は一番の応援者でありたいのです。

応援してあげられれば子ども達はぐんぐん大きくなってくれます。

子ども自身の力を信じてあげられれば

その分だけ成長します。

 

大人の不安をぶつければ、それがそのまま

子ども達の不安に繋がります。

不安なままでは、思い切って過ごせない。

 

先生達も同じです。

幼稚園にとって先生達こそが子ども達の成長に

欠かせないものです。

不安な思いでは思い切って子ども達と関われない。

ということは・・。

 

子ども達は不安なまま過ごすことになります。

 

子ども達が安心して

先生達が安心して

そして保護者の方々に安心して預けてもらえるよう

過ごしてまいります。

 

先生達も人間です。

完璧ではありません。至らない点もあるかと思います。

でも子ども達の成長を一番側で応援しています。

これからの幼稚園生活、楽しみにしております。

どうぞよろしくお願いいたします。

2018年3月14日

年長さんへ

幼稚園生の皆に伝えるにはまだ早いと思って

お話しすることはなかったけれど、

将来、自分で決めなければいけない瞬間というのが必ず訪れる。

高校はどこに行こうか。大学は、そしてどんな仕事をするか・・

それ以外にもたくさんの決めなければいけない瞬間が望まなくても訪れる。

幼稚園のうちは何に向いているのか、どんな才能があるのか分からない。

だから、いろんな体験をして、いろんな気持ちになれるように過ごしてきた。

悲しいことや嬉しい気持ち。達成感や悔しい気持ち。

一人でやらなければいけない場面、

友達と協力しなければ乗り越えられない場面。

毎日の生活や行事の中に少しずつその体験が含まれていたんだよ。

そんなたくさんの少しずつが将来の皆の力になっていくと思ってる。

 

先生は優柔不断だし失敗ばかりだから、偉そうなことは言えないけど

それでも決めなければいけない場面が目の前に沢山あって、悩みながら

沢山の人に教えてもらいながら、決めている。

 

進路を決める時、大きな決断をする時はとっても悩むし、苦しい。

だから先生は、もうこれ以上悩んでも答えが出ないと思った時は、

「どうしたいか?」ではなくて、自分が「どうありたいか」で決めているよ。

なんだか難しいけど、どんな人として生きたいかっていうこと。

・・・難しいねw

誰かが喜んでくれるとか、役に立つ方を選ぶのも良いかもね。

素敵だと思う。そう考えると、仕事はなんだっていいよ。

好きなもの、夢中になれるものなら、

とりあえず飽きるまでやってみようっていうのもいい!

皆は気がついていないけど、夢中になった時の

皆の顔を見ているとこの子達はなんでも出来るって思うよ。

そして、自分で決めることができる瞬間が多いっていうのは

すごく恵まれていることでもある。

・・・やっぱり難しいねw

 

皆に一番伝えたいことなんだけど、

うまく話せないから、いつもお話しできなかった。

そして、結局このコラムでもうまく書けないんだな・・。

 

最後に、いつも頭の中にある言葉を贈ります。

アフリカで生まれた言葉だそうです(詳しくは・・ごめん)

 

「はやく行きたいなら一人で行きなさい。遠くまで行きたいなら皆で行きなさい」

 

皆の周りには素敵な友達や大人が沢山いる。

大切にしてほしい。

 

年長さん、これからも大きくなってね!

ありがとう!